ミッション:インポッシブル フォールアウト感想

  • 2018-09-14
  • 2021-02-16
  • 映画
  • 1view

トムクルーズ主演のスパイシリーズ第6作目です。

子供が産まれて映画館に行く機会がほとんどとれないけれど、このシリーズは外せないということで、時間作ってひとりで観てきました。

予告のCMを見る限り、さらにエスカレートしてるトムのアクションが中心なので、まぁ予備知識なくても大丈夫だろうと思ってたら、まさかの前回からの続き。前作を復習してなかったことをちょっと後悔しましたが、なんとかついていけました。

 

 

ここから多少のネタバレ入ります。

 

[the_ad id="1224"]

 

で、肝心のアクションですが、トム・クルーズのアクションやりたい欲が強すぎてちょっとヤバいゾーンに来ている気がします。自分でスタントやる俳優の筆頭、ジャッキーチェンを軽く上回ってしまっていると思います。

右足を骨折したシーン。ジャッキーならNGシーンですが、本編でそのまま使われました。

残念なことに、前回に引き続きアクション自体に必然性がないです。マジで全然ない。

イーサン・ハントならパリのパーティー会場にわざわざHALO降下しなくても潜入できますが、トム・クルーズがやりたいので、やります。プロデューサーの言うことは絶対なのです。脚本が最後まで変わりまくったとのことですが、その辺がよくわかる内容でした。ツッコミどころ多くて。。。

 

と、ややネガティブな書き方から入りましたが、僕の感想はシリーズトップクラスです。よかった。

 

シリーズ通してのツボをきちんと押さえながら、今回はハントの内面を描くという試みがなされました。そういえば作戦面以外で何考えてるかって描写は少ないですね。スパイってそういうもんかも知れんけど。ただ人殺しはなるべく避けたいと思っていながら、ヘリのパイロットはポイポイ捨ててくあたり、やっぱり普通じゃないとは思いますな。

黒歴史化していた妻を引っ張り出したり、1作目に出てきたマックスの娘を唐突に登場させたりと、シリーズの追っかけとしてニヤニヤの止まらない展開があってね、次回に向けて微妙に伏線を残したかな。マックスの娘とCIAの長官とかはキーマンになるかも。

 

マックスの娘。今作はやや不完全燃焼ぎみだったが?

 

さてさて、前回と今回とでシリーズの方向性が定まってきた印象のミッション:インポッシブル。早くも次回が楽しみです。

 

このチームにジェレミー・レナーが復活しないかなぁ。IMF長官死んだし。

 

次回は逆にアクション控えめで作ってほしい、けど無理だろうなぁw

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!