【プラモ製作記】タミヤ 1/24 トヨタTS050 HYBIRD #2

引き続きトヨタTS050 HYBIRDの製作です。


前回切り出したパーツを塗装していきます。

車体の赤いところはデカールで用意されているので、基本的には白と黒を塗ることになります。

目次

初心者のエアブラシ塗装、1回目

黒一色のパーツや、ボディ裏面はセミグロスブラックで塗装していきます。

黒くはなっているけど、全然きれいに塗れていない

初めてのエアブラシ塗装ということもあり、全然きれいに塗れてる感じがしないのですが、まぁここは最終的に見えないところなので良しとします。

裏は黒で表は白に

表面は白を塗ります。塗料はフィニッシャーズのファンデーションホワイトです。あとで重ね塗りしていくので薄めにサッと拭いていきます。

乾いたら、組めるところを接着していきます。この写真はフロントフェンダー後方のパーツですが、これだけで4つのパーツに分かれていて、現代マシンの複雑な空力構造がわかります。あと、きれいに塗れてないこともわかります。

組むとパーツの境目のところの塗りが甘い。

サスペンションも、全体をセミグロスブラックで塗装してからシルバーを塗っていきます。シルバーはマスキングなしの筆塗りですが、なかなか上手く塗れたのではないかと思います。

初心者のエアブラシ塗装 2回目

ボディのホワイト塗装、2回目です。同じように塗っていても、ボディパーツごとの微妙な色の違いや、十分に塗れていない境目部分などがあるので、その解消も目的に、ボディを一体化させて塗装していきます。

すべて接着するのではなく、フロントカウルはマスキングテープで仮止めです。

まずまずきれいに塗れているのではないでしょうか。

さて、ボディはマスキングの後、黒を塗っていきます。

また次回。

[sitecard subtitle=次の記事 url=https://dodonpa26.com/ts050-hybird-3/ target=]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内の通信企業に勤める2児の父。松坂世代。

大学まで野球部で投手。草野球で野手転向。
30歳でボクシングを始め、32歳からラグビーを趣味にしている変な人。

スポーツ好きだけど、基本的にはゲームや映画など、屋内で過ごすのが好きな人。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次