【プラモ製作記】タミヤ 1/24 トヨタTS050 HYBIRD #3

引き続きトヨタTS050 HYBIRDの製作です。

マスキングをして黒を塗っていきます。

目次

大掛かりなマスキング

キットにはマスキング用のシートも付属していて、それらを自分で切り出して使います。

分割したパーツとの連続性とか確認しながら、マスク漏れのないようにします。連続してセミグロスブラック部分も塗る予定なので、一部マスキングテープもそのまま残せるように工夫して貼っていきます。

やっぱり漏れました

注意深くマスキングしたつもりでしたが、やっぱり漏れが発生。多少なら目をつぶるところですが、割とメインどころという事で、補修…

曲面部分からマスク漏れ発生

漏れたところは、再度マスキングテープを貼って、綿棒につけたコンパウンドでこすります。

ビシッとはいかないまでも、まぁまぁ許容範囲まではいきましたかね。

ちゃんと見るとダメだけど、そこそこリカバリー

セミグロスブラック指定の部分は、カーボンパーツそのままの色のようなので、思いつきでセミグロスブラック塗装後に黒鉄色を重ねました。

光の反射したときの雰囲気は実車っぽい気がします。写真ではわかりませんが、自己満足。

リップスポイラー部分が黒鉄色

その他パーツも組み始め

ボディ塗装の乾燥を待つ間に、組めるパーツは組んでいきます。

ドライブシャフトは指定色持ってないので、オレンジと黒を混ぜて代用。

コクピットは塗装ではなく、付属のシールで。凹凸があるので、これは削ってしまいました。

なお、写真のカッティングマットは途中で買い替えています。黒の方が写真映えとしては良いですが、黒パーツは少し見にくいですね。

今回はここまで。

[sitecard subtitle=次の記事 url=https://dodonpa26.com/ts050-hybird-4/ target=]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内の通信企業に勤める2児の父。松坂世代。

大学まで野球部で投手。草野球で野手転向。
30歳でボクシングを始め、32歳からラグビーを趣味にしている変な人。

スポーツ好きだけど、基本的にはゲームや映画など、屋内で過ごすのが好きな人。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次