2歳の誕生日はプラレールで大成功

本記事にはアフェリエイト広告が含まれています。

息子が2歳になりました!

プレゼントにはきかんしゃトーマスのプラレールにしました。
トーマスのベーシックセットにパーシーを追加です。

パーシーとトーマス
目次

何を買っていいのかプラレール

プレゼントについてはGWでのプラレール博の喜びっぷりから、プラレールにしようと決断は早かったのですが、じゃあ何を買おうかというところで結構悩みました。

初のプラレール博 in TOKYOに行ってきました。

正直、まだ電車の種類がわからない2歳児。たぶんなんでも喜んだと思うのですが、現段階ではトーマスとパーシーだけ名前を知っているので車両はこれで決定。特にパーシーが好きなご様子。


レールの追加なども考えたのですが、まだ自分でレイアウトを考えるには早いし、どれくらい飽きずに遊ぶのか予想できないしで、ベーシックセットのみにしてみました。

最初はベーシックセットで十分

ベーシックセットはレイアウトが単純な楕円なのでどうかなと思ったのですが、2歳なりたての息子には杞憂でした。
レールの追加どころか電池もいらんレベルです。まぁこの段階では親のハマり具合の方が影響されそうですね。たくさん種類を揃えたくなるのは理解できます。

スイッチオフでも手で走らせる。
電車よりじぶんが回る。
トンネル内で脱線
引っ張り出す

プラレールにおけるトンネルって風景的なアクセントだと思ってたのですが、こうやってみると、ちょっと遮るのは子供の興味対象になるようですね。電池で走らせているときも何度かのぞき見て喜んでおりました。

60年以上も基本はほぼ変わらないというプラレール。食い付きすごいです。

でも対象年齢は3歳から、なんですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内の通信企業に勤める2児の父。松坂世代。

大学まで野球部で投手。草野球で野手転向。
30歳でボクシングを始め、32歳からラグビーを趣味にしている変な人。

スポーツ好きだけど、基本的にはゲームや映画など、屋内で過ごすのが好きな人。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次