【RWC2019】日本vsアイルランド 衝撃ふたたび

ジャパン、世界ランク2位の強豪アイルランドを撃破!ヤバいです。

今大会、初戦のスコットランドをPG一本に抑える完勝。優勝候補の実力を見せつけたアイルランド代表にどうやったら勝てるねんとしか思わなかったのですが、いやぁ4年前に続き、やってくれました。

スターティングメンバー

日本代表メンバー

発表されていたトゥポウが試合直前の怪我ということで、代わって先発にレメキ、リザーブに福岡が入ります。

アイルランド代表メンバー

アイルランド代表はSOセクストンがベンチ外。昨年の年間最優秀選手が欠場なのはジャパンにとって追い風か。

しかしながら、強力なFWは健在。

スポンサーリンク

戦術をごっそり変えてきた日本

試合はロシア戦と違って落ち着いている様子ですが、開始早々にわかったのはキックの使い方。ジョセフHC就任以来やってきたキックでアンストラクチャーを作る戦術を遣わず、パスとクラッシュを繰り返すポゼッションラグビーを敢行してきました。

アイルランドの強力FWにどう対抗するのか?の問いに、正面からぶつかりに行ったのは驚きました。何より近年全く見たことがない戦術をきっちり遂行できてる彼らの準備っぷりです。

「3年前から準備してきた」というジョセフHCの言葉通りなら、長い時間をかけてキック戦術しかないと刷り込ませて来た罠がハマった感じです。もちろんベースの強化があってこそですが、日本のファンですら想像できないならアイルランドがパニックに陥るのも無理はないです。

思えば、ダブルタックルとクイックリロードは4年前にも世界に知らしめた日本のお家芸。エディさんの遺産です。HCが代わって方針が変わったのかとずっと思ってましたが、結果としてはエディさんの作った土台に、オフロードパスやアンストラクチャーでのアタックを上乗せしたという事でした。

見た目以上に策士の顔を持つ(と思われる)ジェイミージョセフ。サモア戦はどのような戦いをしてくれるのか、ワクワクします。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!