007 スペクター 感想

  • 2015-12-20
  • 2015-12-20
  • 映画
  • view

世の中はスターウォーズの最新作で盛り上がっていますが、

エピソード4を少し観ただけの僕にとってはあまり興味の対象にありません。

 

というわけで、混み合う映画館で観てきたのが「007 スペクター」です。

007もダニエル・クレイグ版からしかまともに観ていないのですが、

早いものでクレイグ版も4作目。10年近く経ちました。

 

今回は、事前情報を一切持たずに鑑賞です。

強いて言えば、今回でクレイグ版が最後になるかもというニュースを聞いたくらい。

 

なるほど、今作を観るとこれまでの集大成みたいな感じにはなっています。

 

 

とはいえ、観終わった率直な感想は今一つ、です。

よくいえば、古典的な、王道的なスパイ映画ではあるんですが、

敵組織「スペクター」も煽るだけ煽っときながら、最後にスカされた気分。

もう少しひねりはなかったでしょうか。

 

あと、オープニングの蛸ね。

 

クレイグ版では封印されていた、ボンドカーと秘密アイテムがわずかながら復活しましたね。

アストンマーティンのDB10のほかに、ジャガー?のスーパーカーも登場してローマをカーチェイス。

DB5も再登場し、最新マシンとの対比は、クルマ好きには良いところ。

 

前回より登場のQも、今回登場多いです。結構好き。

 

SPECTRE-Film-Stills-08234

 

 

ボンドガールは、レア・セドゥさん。

B24_09880_r

 

劇中、どっかで見たことあるけど、どこだっけ?と思ってましたが、

これですね。

 

 

ARIES

 

ミッション:インポッシブルの女殺し屋役でしたね。

ブルジュハリファから蹴落とされたはずですが、生きてたんですね(違う)

 

 

ミッション:インポッシブルといえば、夏に公開されたローグネイションと今回の007で設定が被っている部分があります。

「今の時代、特殊な諜報部隊いらなくね?」っていう議論です。

ジェームズ・ボンドや、イーサン・ハントはもはや時代おくれ。

そりゃあれだけ暴れられて、インターネットの時代に情報もみ消すのも限界でしょうしね笑

 

同じようにアメリカンヒーローも法と正義の狭間で苦悩することが増えてきたように思います。

今後、どのようになっていくのか、早くも次回作が楽しみです。007はキャスト変わるのかなー、

 

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!